アジャイルとリーンの違い

企業の世界は日々大きく成長しており、企業のエコシステムが急速に変化しているため、大規模な組織はビジネスと生産のプロセスを刷新しようとしています。コマンドアンドコントロール階層は、最良の代替案を探して、より劇的な比喩に移行しています。企業部門内の生産性を向上させるためのそのような型破りなアプローチの1つは、「リーン生産方式」です。これは生産への体系的なアプローチであり、製造システム内の無駄を最小限に抑えるための努力を終わらせることはありません。これは、事前に製造して在庫をストックするのではなく、注文が到着したときにのみ製品を製造するという厳密で合理的なパターンに従う組立ラインの製造方法です。ソフトウェア開発エコシステムは、ソフトウェア開発の同様のパターンに従っているように見えるアジャイル手法によって同様に再定義され、組織の生産性を向上させています。



リーンとは何ですか?

リーンは、技術と活動のシステムを通じて組織を運営するための体系的なアプローチです。リーンの概念は、生産性、効率、および有効性を向上させるために製造プロセス内の無駄を排除することを目的とした体系的な生産方式であるリーン生産方式に由来します。リーンは、すべてよりも顧客満足を優先するコスト削減方法論のようなものです。製造プロセスに付加価値を与えることなく、リソースを不必要に消費する不要なサービスを排除することに重点を置いています。アイデアは、無駄な会議、タスク、およびドキュメントにリソースを浪費するのではなく、重要なことにのみ取り組むことです。リーンはまた、効率を高め、生産性を向上させるために、チームを区分化するのではなく、チーム全体が機能するように促す構造化されたシステムにも焦点を当てています。



アジャイルとは何ですか?

アジャイルは、頻繁な検査とフィードバック、洗練されたエンジニアリングプラクティス、強力なリーダーシップなどを奨励するソフトウェア開発分野で非常に人気があります。これは、アジャイルマニフェストで厳密に概説されている一連の値と原則を指します。この概念は、チームとエンドユーザー間の集合的なコラボレーションを構築することにより、ソフトウェア開発への漸進的なアプローチに従うリーンに基づいています。これは、ソフトウェア開発に向けた進化的なステップであり、顧客満足度を他の製品よりも最優先事項にしています。アジャイル手法により、チームはコードを大きなバッチではなく小さなバッチで頻繁に配信して、開発サイクル全体を通じて定期的に顧客からのフィードバックを求めることができます。これにより、開発プロセスでいつでも変更要件を実装するための柔軟性が向上し、完全な障害のリスクが最小限に抑えられます。アジャイルは、アジャイルではなくリーン生産方式の語彙を使用する実践者によるリーン原則に基づいています。



アジャイルとリーンの違い

アジャイルとリーンの方法論

アジャイル開発は、その原則のほとんどをリーン生産方式から派生させてソフトウェア開発に適合させますが、その逆も同様ですが、それらの動作方法はまだ少し異なります。アジャイルは、需要が事前にわかるまで最終製品にコミットしないことにより、顧客のニーズを満たすために反復的なアプローチをとるソフトウェア開発方法論です。リーン生産方式は、廃棄物や付加価値を付けずに不要なリソースを消費する活動を表す日本語の用語である「ムダ」を特定して排除することにより、顧客満足度をさらに重視します。

アジャイルとリーンの定義

アジャイルとは、アジャイルマニフェストに記載されている一連の原則と価値観を指します。これは、顧客とのコラボレーション、個人とのやり取り、会議とフィードバック、包括的なドキュメント、反復配信を通じてソフトウェアを開発するためのより良い方法を見つけることに焦点を当てた、重量級の方法論です。アジャイル開発はリーン方法論に基づいており、一方で非効率的な作業方法を排除することに重点を置いています。

アジャイルとリーンでのアプローチ

アジャイルは、プロジェクトをスプリントと呼ばれる小さなモジュールに分割することを含む、プロジェクト管理への体系的な反復アプローチに従います。応答性の高い変更、コラボレーション、継続的な学習を通じて、特定のプロジェクト関連の状況に対するイベント駆動型のアプローチを決定します。これは、開発サイクル全体を通じて開発とテストの継続的な反復を促進します。リーンアプローチは、効率を高めるために製造プロセス内に小さな増分変更を導入することに焦点を当てています。



アジャイルとリーンの原則

アジャイルマニフェストは、すべて個人と相互作用に関するものです。アジャイルは、より少ない複雑さで最大の効率を達成するために、チームとエンドユーザーの間の絶え間ない相互作用を信じています。アジャイルは、契約交渉よりも顧客のコラボレーションを重視します。一方、リーンとは、顧客の競争上の優位性のための新しいアイデアを特定することではなく、無駄にすることです。変更に対応するのではなく、体系的な計画に従います。

アジャイルとリーンの目標

アジャイルは、スクラム、XP(エクストリームプログラミング)、FDD(機能駆動開発)、Crystalなどを含むソフトウェア開発のいくつかの反復方法論の総称です。目標は、エンドユーザーの要件に準拠するものを作成することです。リーンとは、リーン開発方式、リーン生産方式、リーンアプローチなど、リーン生産方式とトヨタ生産方式に基づく体系的なアプローチの総称です。目標は、何らかの形で付加価値のないプロセスを排除することです。

アジャイルvs.リーン:比較チャート

アジャイルとリーンのまとめ

大規模な組織や企業は、急速に変化する企業エコシステムに対応するための改修が必要です。これには、絶えず変化する顧客の要件を克服するためのより高度なシステムが必要です。リーン開発は、重要なことに取り組み、価値をもたらさない不要なリソースを消費するものを排除することで、開発プロセスをスピードアップする1つの方法です。アジャイルは、リーン開発の原則に基づくソフトウェア開発への型破りなアプローチであり、顧客満足度とチームとエンドユーザー間のコラボレーションに重点を置いています。組織は毎日新しい課題に直面しているため、適切なアプローチを特定することが重要です。この記事では、さまざまな側面でアジャイルとリーンの本質に焦点を当てています。

人気の投稿

ACHデビットとACHクレジットの違い

ACHデビットvsACHクレジットACHまたは自動決済機関は、ある口座から別の口座に送金するプロセスです。 ACHの導入により、

アルカリパーマと酸性パーマの違い

アルカリ性vs酸性パーマ人を見ると最初に気付くのは髪の毛です。人々は、ストレート、カーリー、さまざまな種類の髪で生まれます

シビックとカムリの違い

シビックvsカムリシビックとカムリの類似性にもかかわらず、シビックとカムリの間にも大きな違いがあります。明らかなことに加えて、

ステロイドと抗生物質の違い

抗生物質とステロイドは、多くの臨床疾患において非常に重要な薬です。抗生物質は、細菌の増殖を停止させる物質または化合物です。

データマイニングとビッグデータの違い

私たちは、毎日非常に多くのデータが収集されている世界に住んでいます。たとえば、毎分約48時間の動画がYouTubeにアップロードされます。だが

外呼吸と内呼吸の違い

外呼吸とは何ですか?外呼吸は、外部環境と体の細胞の間で発生する呼吸を表します。外部